■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2017年10月 次月>>
■JUDGEMENT■
■DICTIONARY■
IT用語辞典 e-Words
日誌更新後48時間以内に
新しい用語が追加されます。
下の■NEW ENTRIES■から
各記事を選ぶと
すぐに追加されます。
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■
 

M$
ITmedia エンタープライズ:Office Onlineで各種サービスを提供開始

という記事を読んだ。
マイクロソフト(略してM$)のオンライン型サービスがいろいろあってややこしすぎる…という批判的な事も書いてあるが、その中に"Outlookカレンダーの共有サービス"というのが紹介されている。
Outlook 2007のユーザーは、インターネット標準のiCalendarフォーマットで保存された自分のカレンダーを、Office OnlineでホスティングされているWebサイトにポストできる。ポストした情報は、Webブラウザとインターネット接続環境を備えたユーザーであれば誰でもアクセスできるように設定できる。
そんな事はAppleが何年も前にやってた事だ、というのは置いといて
やっとこさiCalendarによるカレンダー共有という事にスポットが当たっていくのかな?という点で評価してやっても過言とは言い切れない。

「Outlook 2007なんて誰も入れてねーよ!」という声が聞こえてきそうだが、WindowsVistaに入ってる「Windowsカレンダー」でも同じ事が出来るようだ。
(M$のページで確認しようとしたら繋がらなかった あほか)
あ…Vistaなんて誰も入れてねーか。
そんなあなたにMozillaSunbird。いつの間にか0.3にバージョンアップしてました。

…で、(…で?)
iCalendarに限らず標準フォーマットというヤツにM$が手を出すとろくな事が無いというのが定説だ。
次世代動画フォーマットと言われたMPEG-4がイマイチ普及しなかったのはM$が独自のMPEG-4もどきを採用したせいだし(MS-MPEG4とかいうヤツ)、Webページをきちんと表示出来ないインターネッツエキスプローラなんかネット界のお荷物だし…
とにかく標準フォーマットの互換性を損ねる事が大好きなM$さんの事だからiCalendarでもやってくれると思います。

M$さんのニセiCalendarに対応するスキルなどサカマクには無いので、「さかまくカレンダー」をGoogleカレンダーに切り替えたのは良かったと思った。
GoogleならM$のニセiCalendarにもうまく対応してくれると思うし、逆にM$がGoogleカレンダーに対応せざるを得ない所まで来ている。
(そうしないと誰も使わないかもしれない)


マイクロソフトに支配されるよりはGoogleに支配される方がまだマシだ。
…その心は

頼りになるから


|カテゴリ: IT革命評議会 | この記事のみ表示 | comments (9) | trackback (x) |
青い歯っていいな!
Bluetooth機器をいっこも持ってないサカマクが来ましたよ。

サカマクは現在ウィルコムのW-ZERO3[es]を使っている。
いわゆるスマートフォンだ。
スマートフォンというのはPDA(電子手帳の進化版)+無線電話 のことだ。
サカマクはぢつはスマートフォンはあまり好きじゃない。
こないだある人から「〜日と〜日と〜日宜しくね」的な電話が入った。
電話をしながらW-ZERO3[es]の予定表を参照する事は可能だが、どうしても会話をぶった切らないと予定を見る事が出来ない。
結局、記憶に頼った脳内処理で「了解」の旨を伝えた。
サカマクの場合、脳内処理で事足りてしまう程度の予定しか無いので事無きを得たが、なんとも釈然としない。
じゃあなんでスマートフォンなんて使ってるのか?それはPDAでネット接続するのが楽だから。
この人類の永遠のジレンマをどう解決するのか?
その答えが青歯ことBluetoothだ。
Bluetooth(ブルートゥース)を知らないお友達は左の欄にIT用語辞典があるのでそちらを参照。
簡単に言うとケーブルをつなぐ代わりに無線で繋いじゃいましょうという技術。

PDAとケータイをケーブルで繋ぐ代わりに無線でつないでそこからネットへ接続しましょうという話だ。
これでPDA上で操作するだけでネットに繋ぐ事が出来、ケータイはポケットに入れたままで良くなる。
スマートフォンと同じ様な操作性が得られる。
さらに、ケータイでメールやWebページを表示する必要がなくなるので電話機をもっと小さく・軽く・安く作る事が出来る。
いい事ずくめだ。
みんながPDAでネット閲覧するようになれば通信データ量も増えてパケット料金で稼げるじゃん。
(Why関東弁?)
え?回線がもたない?
じゃぁ今まで端末用インセンティブでぼったくっていた金を全部回線増強に回せよ。
本来それが電話屋の仕事だろ。
電話機ってのは確実に回線に繋がってくれればそれでいいんだから。
それ以外の事はBluetoothを通じて他に任せればいいんだよ。
「PDAと2台も持つのはいや」と言われない位小さな端末を作れ。
電話帳が見れるだけの液晶とボタンさえあればいいんだからiPod nano位には出来るっしょ。

昨今の「インセンティブ廃止論」とBluetoothが今ここで繋がった!


適当にいい散らかしているだけの今回の日誌は以下のページにインスパイヤ(今回は何もパクってない)されて書きました。


若旦那の独り言 Ver.X


|カテゴリ: IT革命評議会 | この記事のみ表示 | comments (1130) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑

 


日誌を閉じて駅のホームへ